FXスワップポイント

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
スパ
スパ (JUGEMレビュー »)
インストゥルメンタル
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
フォトティッカー
uniqlo
SEARCH
OTHERS
日々の穴
日々 行き当たりばったり
穴に落っこちて もがいたり
空を見上げて 笑ったり
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
1日目



行ってきました。
書く気が起きず、ほったらかしだった・・・。
写真のサイズも、いい加減でまちまちです。

初日は天気は最高。
7時過ぎ、家まで来てもらい、出かける。
今回も助手席で楽させてもらいました。
前回当たったあるものを、申し訳ないが、換金し
今回の二人分の宿代になりました。
今回は上で行こう、と有料道路に乗っかると
途中急に止まる。
渋滞だ、と思うと、事故渋滞らしく、状況もわからないので
すぐ近くで降りる。
そこでちょっと迷いつつ、下道で。
料金所で聞くと、7台だか絡んだ事故らしい。
思わぬことだったけど、巻き込まれなかったのを良しとして
急ぐわけではないので、のんびり行こう、と。

やっぱり4時間くらいはかかったのかな?
まずここへ。





木や緑の香りがふわーっとして、来て良かったと思う。




いつものかめさんや





お地蔵さん。





冬に行くと姿の見えない池に、たくさんの鯉。
見ていたら、ものすごいジャンプを見せる。
なんだか妙に縁起が良い気分に(笑)。


 


こちらの方は行かない人も多いんだけど、絶対行った方がいい。
順番としては、こちらをお参りしてから、あちらへが正しいそうで
私たちは毎回そうしている。

そして、こちらへ。
お腹は空いているけど、お参りしてからじゃないとね、と
いい香りの誘惑を振り切り、歩く。
暑い。









快晴。





川もキラキラ。











今回で4回目だけど、人が一番少なかった。
少ないとはいえ、いないわけではないけど
歩きやすい程度の人。
お参りも並ばず、ずっといけたし。
この空気感はなんでしょう。
ご正宮をお参りすると、中が見えないように
白い布が正面にたれているんだけど
これが時折風でふわーっと上がる事がある。
今回も、上に上がると、風もなくて、布は微動だにしない
けど、お参りを済ませると、ふわーっと風で布があがった。
なんか勝手に、神様が通り抜けた感じで。
ぐっさんも行くたびこういう事がある、とテレビで言ってて。
ちょっとだけ買い食いをし、宿へ向かう。








山の中を通り、海へ。








ここが宿。





海が目の前で、海水浴シーズンには、にぎわうらしい。








砂もサラサラで。





これがちょっとかわいかった。





部屋。
10畳+αで、なかなか良かった。

























土曜に泊まって、1万円。
これはお得だったかも。
久しぶりに、もう食べられないし、動けない、ってくらい食べた。
少しは胃が小さくなっているのかも。

お風呂は温泉。
夜に行っても人は誰もいなくて、ちょっとこわいくらい(笑)。





| | 10:59 | comments(0) |
2日目



2日目朝。
白い空でどんより。
まぁ暑いより、いいか。
せっかくの海なので、ちょっと青い空も見たかったけど。
朝ご飯の後に、ちょっと腹ごなしで散歩。




鳥の足跡が。





さあて、チェックアウトの準備を。





2年前に行った、ここへ。
前回行った時は、そんなに人も多くなかったけど
今回は、すごい人!
ちょっと驚いた。





前回、海外の地震の津波の警報で、早々出ざるをえなかったここに。





ありがたさ満点な景色。

みやげ物やを見ていると、こんなものに遭遇。


 


ここは無料で見られる場所で、ちょうどご飯の時間だったらしく。





トドのでっかいコは1トン近い巨漢。
餌をやるお兄さんがイケメン。








中に入っても、ここはけっこう楽しい。
今回は、ここだけだけど。


おみやげを買い、ぶらぶら歩いていると、友達がある店にあるものに
目がいき、その店に入る。
なんだか気分が盛り上がってしまい、こんなものを買ってしまう。





静かなおばちゃんが店番をしてて、どれを買おうか迷っている友達に
勉強するよ、と安くしてくれて、私も2つしか買ってないけど
500円引いてくれた。
思わぬ買い物だったけど、なんか気分が上がったので、良かった。
行く前の数日、体調が悪くて、ちょっと心配だったけど
不思議と出ている間は動ける。
自然のパワーをもらえた旅になりました。

| | 10:29 | comments(0) |
なにもしない




帰ってきました、何もしない旅より。
忘れないうちに。

出発便は朝7時50分だったので、父に送ってもらい空港へ。
いとこを送ってきたりしたことはあったが、自分で飛行機に乗る
ために来たのは初めて。





こんなカラフルな飛行機。
そして、小さい。
とことこと歩いて乗る。
ちょっと新鮮。
アメリカに行った時、サンフランシスコ→ロスで乗ったのが
もう少し小さい飛行機だった気がするが。
プロペラついてて。
これも80席くらいで小さい。





この景色がいいねぇ。





早朝便ということで、こんなものが出た。


 



乗客は少なめで、ほとんどがビジネスマン。
座席は2列2列で、電車みたいな。





どんより曇ったここに到着。





今ちょっと話題です。
この島には渡っていないけど。





空港から駅までバスで。
駅前はキレイ。

ホテルのチェックインが14時。
ここで10時くらい。
時間がありすぎる。
しかし、荷物もあるし、観光する場所もない。
駅をちょっとふらふらし、どうしようかと思ったけど
ホテルの近くに、ちょっと見たい所があったので、ホテル方向に
歩くことに。
ちょっと肌寒いくらいだったから、歩いても暑くはないし。









もう一度桜を見られたので、良かった。





右側に見えるのっぽのビルが、泊まるホテル。
途中、行きたかった所に行き、おいしそうなパン屋さんがあったので
次の日の朝食べるようにパンを買い。
まだ時間は早いけど、ホテルの上に展望台があり、ご飯も食べられるので
行くことに。





この会社の展望台。
31階。








団体さんが去った後、のんびりご飯を。
お客はいなくて、さみしい感じ。
やっとチェックインの時間になったので、ホテルへ。









スーペリアシングル。
ネットの安いのを見つけて、5500円くらいで。
27階で、高層階が好きなわけではないけど、今回は、ここに泊まってみたいな
と思った。
地震の後で、ここはどうだろ、と思ったけど。
景色は素敵だけど、1泊で十分。
やはり落ち着かない。





隣は川だし、浮島のような所に立っているので、景色は抜群。
しかし、どんよりだ。





すぐ前には、こんな所も。
これもちょっと乗りたかったけど、時間が合わず。
そして、ちょっと寒かったし。





島へ渡る船も、すぐ近くから出ているようで。

残念などんより空で、それでもこれは大丈夫だろう、と
期待していたのが、これ。









それほどすごい灯りでもなかったけど、自分の家からでは
見えない景色で、しばらくは見入っていた。

翌日。






窓を開けて寝たので、5時過ぎに目が覚める(笑)。
もう寝られないし。
うだうだしてたが、また残念な白い空。
飛行機の便が13時30分発だったので、移動時間を
考えて、買えるお土産はホテルで買ってしまおうと出かける。





このホテルに隣接して、美術館だったりホールだったりがあり
コンビニやいろいろあって、そこで重めのお土産を調達。
スーツケースに詰める。
空港でやってると大変だし。


少し早めにホテルを出発。
駅に着き、空港へ。









こじんまりした空港だけど、きれい。
しかし、人が少ない。
駅も、地元の駅と比べたら、とても人が少ない。
そして活気がない。
空港や駅って、人が多くて、という場所だと思うけど
そういうことがない。
私にとっては居心地が良いが(笑)。
家用のお土産を買い、飛行機を待つ。
このちょっと早いと思える便と、その後は20時くらいの
便しかなくて、後の便では、絶対間が持たないし。







飛行機から見る飛行機雲。

帰りは、空港に着く10分前くらいに機長が、気圧の具合で
きつい揺れがあるかも、と言っていたが、それほどではなく助かった。
雲が多くて、その中を突っ切って行ったので、どきどきしてたけど。
帰りは50分で着いた。







帰りはブルーだった。
このほかにも、オレンジ、紫など、とてもカラフル。
この空港から、北海道や沖縄に行けたら、とても楽なのに・・・。
県営空港になってしまってから、私が飛行機で出かけることが
増え、とても残念。
最初、この航空券が当たって、どんな所か調べた時
あまりにも興味を引くことがなくて、どうしようかと思ったけど
行ってみて、良かった、
もうちょっとあっちこっちを見てみたかった。
レンタカーで遠くまで足を伸ばせれば、良かったなぁ。
島も魅力的だったが、船の料金が割と高かったので。
活気がなく、人も大人しい感じで、元気のない土地なのかな、と
思ったけど、居心地は悪くなかった。
飛行機と高層階のホテル。
地に足のつかない感じの今回の旅。
慌ただしいような、何もしなくてのんびりしたような。
向こうでは、風が吹くとちょっと肌寒いくらいだったのに
帰ってきて、空港から外に出ると、もわんと暖かく
南国に来たかのようだった。
良い体験をありがとう。
うー、眠い。

| | 18:30 | comments(4) |
日帰り 世界一周?



連休なので、どこかに行かなきゃ!と行ってきました。
本当は、伊勢神宮か大好きなあのお寺に行こうと思ったが
そこまで遠出の気分ではなく。
1時間くらいで行けるあそこに。
でも、車を走らせていたら、遠出もできたな、というくらい
気持ちの良い空。
ちょっと風は強かったけど。
秋の空って、なんでこんなキレイなんだろう。
春にはないな、これは。




まずは沖縄。
サーターアンダギーは、今回は遠慮。





そして、台湾の農家。
いつもいるアヒルちゃんは、見えなかった。


 


豆花 トウファン。
ピーナツ味のソースでおいしい。





北アメリカの平原インディアンのテント。








アラスカ トリンギットの家。





ペルーの大農場領主の家。
この白い建物が好き。





インドネシア。
青い空に合うねぇ。







こちらもインドネシア。
絵がかわいい。





ミクロネシア ヤップ島の家。





ドイツ。
この建物も好きだけど、どこからか音楽が聞こえてきて
慌ててそちらに行ってしまい、上に上がらず。











こんな平日の人の少ない時に、かわいそうに。
ドイツなので、ビールを飲みながら聞いている人も
けっこういたけど。





フランス アルザス地方の家。
扉がハート型に抜かれていて、かわいい。





ハロウィンの飾り。





イタリア アルベロベッロ。
この建物も独特で好き。





羊にカメラを向けたら、タッタッタ、と走ってきて、ちょっとビビる。





撮っていいよ。





タンザニア。





南アフリカ ンデベレの家。
これを見ると、いつも、キースヘリングを思い出す。





南アフリカ カッセーナの家。
これは土?でできているみたいで、土の輸入ができなくて
これを作るのは苦労した、とテレビでやってたような。














ネパール、ネパール、ネパール。





インド ケララ州の村。





韓国。





御岳らしいよ。








賑やかな声が聞こえてきた。
ここでは、世界のサーカスっぽいものが、やっていて、今回はこちら。
初めて見たかも。
こんなこじんまりした場所で、間近で見られて、実は凄いと思う。
綱渡り状態の上を男性二人が自転車で、その上に女性。
凄いんだけど、凄く見えないのが、凄い。











この間、某女優が行ってた、まちゅぴちゅ。
アンデス文明5000年展というのがやってて。
まちゅぴちゅ立体画像というのがあって、この前で写真を撮ると
実際行ったみたいになる、という(笑)。
30日間世界一周でも見て、スゴイ場所だな、と思ったけど
行くまでの道中を見ると、なかなか行けないねぇ。
12角の石、は有名らしいが、こちらは11角?
昔の人は、みんなスゴイねぇ。





あるぱかちゃんが2頭来ていた。
ちょいちょい退場してしまい、ちょうど退場する所。
もふもふ具合が、やっぱりかわいい。
ちいさなキーホルダーを買おうか迷ったけど
やめた。
また欲しくなったら、買いにいこう。
ここに来ると、いろいろ買いまくろう!と思うんだけど
結局、買ってない。
インドでガネーシャのハンコを買っただけ。
家用によもぎの団子とげんこつ飴を。
3時間ほどで世界一周。

今回の写真を見て、うーん、色がいまいちか・・・。
光が強すぎるのもあるのかな。
またキャノンに戻ろうかな。
パワーショット欲しいかも。
左にも載せているペンタックスのカメラも持っていこうと
思ったら、充電できず。
こちらも充電池がすでにダメらしく。
沖縄に持って行って以来だけど、また買わなきゃ。

| | 19:15 | comments(0) |
いまさら 旅日記 アメリカ35日間
ふと、20年前に行ったアメリカ旅行を、ブログにあげて
みようかと。
とはいえ、もう記憶的には、ほとんどないかも、と
当時書いてた日記を見つつ。
写真はもちろん、フィルムカメラだったので、写真を
デジカメで撮るという、アナログなアップの仕方で
とても雑な感じですが。
買ったものもおこづかい帳に書いてたけど
それがどうしても見つからず。

当時は、デジカメも携帯電話もパソコンもなく
頼りになるのは、地球の歩き方だけだった気がする。
行く事になったきっかけは、私が旅行会社でバイトをしていて
ロック大好き、アメリカ大好きで、一緒にライブに行く
Mちゃんと、クラブ クアトロでティアドロップスのライブを見ながら
アメリカに行こう、と話す。
2人では心細い、と、Mちゃんの大学の友達 Eちゃんも誘い
私は初対面ながら、一緒に行く事に。
彼女が行ってくれたから、ホテルの予約もでき
無事に行って来られた気がする。
O型の2人に挟まれ、A型の彼女は、しばしば体調を
崩していたけど。

どの場所でも、2人はOOに行った、と書いているのは
私以外の2人は、美術館だったり、現地のツアーだったりに
参加していたが、私はまったく興味がなく(今なら行っているが)
1人で街をふらふらしていた。
見た目も幼く見られ、チャイニーズと思われていたので
危ない目にあう事もなく。

その時のカバンというのが、今なら間違いなく大きめの
スーツケースだろうが、当時、旅行らしい旅行にすら行った
ことがなく、初海外が1ヶ月。
何を持っていく、とか、どうしてたのか、と思い出したいくらい(笑)。
カバンは、かなり大きめの(小さな子供が入るくらい)
ただのビニールのカバン。
それを肩からかけ、持ってあるいた。
肩には内出血の跡が、ずっと残ってた。
途中でばったり会った、一緒に行った友達の友達達は
フロリダのホテルで、荷物を取られ、何もない、と
話していた。
私達は、日本人観光客っぽくなかったので、逆に助かった。

しかし、このツアー、往復の航空機と一日めのホテルのみ
決まっていて、あとは現地で予約をする、というもの。
宿のほとんどは、次にいく場所の宿を予約して行った気が
するけど、着いたその空港で、地球の歩き方に載っている
宿に電話し、とっていた所もあった。
今の私からすると、もしとれなかったら、どうするつもり
だったの???と聞きたい(笑)。
野宿?・・・。

まぁ記録として、ここに残しておきますか。


ニューヨークなのに、中国旅館という名の宿にて、の私。
あまりのぼろさに、ロスで買ったポスターを飾ったり
小さな抵抗をしてみた。


思い出した事があったら、記事を増やしていくかもしれません。
自分の備忘録として。





 
| | 11:06 | comments(0) |
トウキョウーロス
1990-2.23-3.6

23日   東京へ。
       東京ドームでストーンズのライブ。
       
       初来日ツアー?がちょうど、アメリカに行く前日だという
       ことで、これは行かない手はない!と。
       これもなかなかタイミングが良かった。
       水道橋近くでラーメンを食べる。 

       銀座キャピタルホテル 新館

24日   ホテルをチェックアウトし、上野に荷物を置いて
       新宿へ。
       伊勢丹へロン・ウッドの個展に。
       ポスター購入。

       成田からサンフランシスコへ。
       1111便に乗れず1117便でロスへ。

       ロックかぶれとしては、やはりロスは外せない。
       青い空と裏腹の危険な香りを感じる街。
       初日は、ダウンタウンのホテル。

       BEST WESTERN INNTOWNE

25日   朝食を食べてから、今日泊まる宿へ。
       荷物を置いてExposition Parkへバスで。
       帰りセブンス・マーケットプレイスへ寄る。
       夜は吉野家。 私は人生初吉野家がアメリカ(笑)。
       宿では、隣の部屋の男の子達が、
       「暇だから、トランプでもしませんか?」と言ってくる。
       ロックは好きだが硬派な私達は、丁重に断る。

       CITY CENTER MOTEL  2泊 $33.67


26日   朝マクドナルドで済ませ、バスでディズニーランドへ。
       ディズニーランドは行きたくなかったが、1人で
       留守番しているのもなんだし、いやいや行く。
       乗り物もほとんど乗らなかったので、日本人に
       やたら写真を撮ってくれと頼まれる。
       ディズニーランド付近のホテルを予約。
       




       BEST WESTERN ANAHEIM STARDUST  $13.94


27日   ナッツベリーファームへ。  人が少ない。
       私は、ディズニーより、こっちの方が好き。





       帰りのバスのドライバーのおじさんが、歌を歌っている。
        

28日   バスでハリウッドへ。
       バスを降り、ハリウッド大通りを歩きながら、宿を予約。
       午後は、あちこち歩く。
       ロックな店多し。 黒マニキュアの店員さんや。
       夕食にサンドイッチなんかの店に行くと
       アジア系の店員さんが、頼んでもいないフルーツや
       サラダやいろいろ出してくれ、困っていると、
       ノー プロブレム!と言われる。


       
       HOLLYWOOD LA BREA MOTEL  1週間で$104.54   
大きな地図で見る

3月1日  メルローズAve.でアクセルのはがきを買う。
       昼はウィンチェルでドーナツ。
       夕食はイタリア料理の店。
       ラザニアうまし。

 2日   ファーマーズマーケットに。
       夜は昨日のサンドイッチ屋さんに。
       昨日の店員さんはいなかった。

 3日   タワーレコードに。
       昼はイタリア料理の店。
       夜は、マクドナルドでビックマック。
       この時期、ビックマックが99セント。

 4日   海に行くつもりが遅くなり、やめる。
       ロスマラソンがやっていたので、見る。

  

       左に写っているのが、チャイニーズシアター?
       昼はアービーズ。
       2人はチャイニーズシアターへ。
       夜はイタリア料理の店に。

 5日   サンタモニカへ。
       風が強くて寒い。
       関西弁のカップルに「一緒にローラースケートやらへん?」と
       声をかけられる。
       おそるべし、関西人。 





 6日   2人はユニバーサルスタジオへ。







       1人でぶらぶら。
       途中、ビジネスマン風の人にナンパされる。
       昼はマクドナルド。
       ハーレーショップの前で、いかついおじさんが
       何か言いながらおじぎしてくる。
       夕食はイタリア料理の店。
       Eちゃんが、バイト先の友達とばったり会う。
       アメリカでばったりって?!
| | 22:53 | comments(0) |
ニューヨーク
1990.3.7-13



      

       NY=大都会のイメージ。
       アメリカに行ったら、やっぱり行くでしょう、と。


 7日   朝5時半に起きて、空港へ。
       西から東へは、飛行機でも半日かかる。
       N.Y.の空港に着き、キャブを探していると
       おじさん達が6人くらい寄ってきて、怖いから
       インフォメーションでイエローキャブの乗り場を
       聞こうと、歩き始めると、1人のおじさんが
       「どこまで行くんだ」「英語は話せないのか」と
       ついてくる。
       無視して、インフォメーションで聞くと、その人達が
       イエローキャブのドライバーで、ベリーソーリ〜と
       謝る。
       すっかり暗くなっていて、ニューヨークの夜景は
       とてもキレイだった。
       




       しかし、宿は汚い・・・。
       宿の客は、ほとんどが中国人。
       オーナーのおじさんは良い人で、夕食の店を
       紹介してくれたり、朝ご飯は、パンを好きに食べなさい、とか。

       左に写っているEちゃんは、1人でミュージカルを見に
       行ったりしていたが、ドアマンなどいないボロ宿なので
       夜は、自分でカギを開けなければいけなく、大門、中門
       と鍵を開けて入っていた。
       隣はバーで、やはりここはニューヨーク。
       早く入らなければ!と、あせって、開かない開かない、と
       バタバタしていたとか。
       パトカーだか、サイレンがやたら聞こえたNY。
  

       中国旅館 1人$15×7日


 8日   朝一番でエンパイアステイトビルに登る。
       



 




        その後、ケンタッキーで食べて、自由の女神に。
        たぶん、地下鉄に乗って。
        当時は、トークンというコインみたいな切符で。
        悪名高きNYの地下鉄だったが、その頃はもう
        そんな危険ではなかった気がする。
        ただ、物乞いをする人が、車両を歩きまわっていて
        包帯を巻いて、松葉杖をついて、記憶ではゾンビみたいな
        人が、お金をくれー、と至近距離までくるのが怖かった。
        現地の人達は、そういう人に優しく、コインをあげて
        いて、私達にも、「あげなさい」という顔をしていた。

        NYって、歩いて周れる街なので、若い私達は
        とにかく歩いた気がする。
        リトルイタリーとか、街によって違う国にきたみたいな
        空気も感じられ、楽しかった。
        小さな動物園も行ったけど、どこだったんだろう。        
   
        後ろ姿ってあまり写真に載らないけど
        右足が少し上がってて、それを真似する私とMちゃん。




        冠の所まで、階段で登る。





 9日   イーストビレッジへ。
       昼はマクドナルドへ、夜はピザを。


10日   歩いて、グリニッジビレッジまで行く。
       昼はデリ、夜は車(店の名前)。
       デリのおじさんが、ものすごく強面。
       そこでケーキを買うのが楽しみ。
       It's Only R&Rという店でレコードを買う。


11日   セントラルパークへ。
       イマジンの碑。



   
         ストロベリーフィールズ。




       
         何かに乗っかる、MちゃんとEちゃん。
         後ろがダコタハウス?




       
       セントラルパークのアイスクリームの屋台で
       並んでいると、黒人の小さな女の子が
       友達に、「素敵な髪型ね(ソフトドレッドだったので)」
       とほめられ、そのまま割り込まれていたのが
       笑った。 おそるべしアメリカの子供。
    
       アメリカ自然史博物館へ。
       博物館とかまったく興味がなかったけど
       ここはまた行きたい。
          

12日   2人は美術館へ。
       午後はグリニッジビレッジへ。
       ウエスタンブーツを買う。
       ターバンを巻いた国の方の店。


13日   2人は美術館へ。
       外に出ると、めちゃくちゃ暑い。
       隣の大きなホテルのドアマンが口笛を吹いたり
       投げキスしたり。
       道の真ん中で、フットボールをする男の子達。
       


    
| | 22:07 | comments(2) |
シカゴ
1990.3.14-18




14日   ホテルの予約もすぐ取れ、部屋は16F建ての16F。
       ダンキンドーナツへ。
       店員の女の子の態度が最悪。
       店に行く途中、通りがかりのお兄さんに
       NYで買ったウエスタンブーツをはいていて
       「ナイス、カウボーイブーツ!」と誉められる。
       夜はアービーズへ。



            HOTEL CASS  1人$20×5日  $100



       なぜシカゴだったか。
       ブルース・ブラザーズで2人が車を暴走してたし?
       ブルースの街だし、写真に写ってるブルズの街でも
       あったから。
       当時、マイケル・ジョーダンとピッペンという選手が
       気になってた。

15日   ダンキンでクロワッサンを食べ、水族館と博物館へ。
       Eちゃんは、水族館が怖いらしい。
       「もし、このガラスが割れて、サメとか出てきたら
        怖い」と・・・。
       それは私も怖いけどさ。 
       昼はマック。
       夜はタイ料理の店へ。 
       3人で1品づつ頼み、Eちゃんのはちゃんとした
       チャーハンで、私のはスィートソウルで甘い、
       Mちゃんのは辛いで、めちゃくちゃ。

16日   ダンキンで朝食を食べ、シアーズタワーへ。
       当時は世界で2番目に高いと言われたと思う。


 

      シアーズタワー前からダブルデッカーに乗って
       夜はチャイニーズレストランに。
       ニューオリンズのホテルと飛行機を予約。

17日   St.パトリックデイでパレードを見に行く。
       すべてが緑色。 
       川までも緑って・・・。
       (どんなパレードがよくわからず調べてみたら 
        うぃきぺでぃあに、緑色のシカゴ川が載ってた。)







      ハードロックカフェに行く。
      店員の女の子達がかわいい。




       マックやアービーズではない普通の店で
       ハンバーガーを食べる。
       でかさに驚く。
       付け合わせのピクルスも、きゅうりそのままの長さで
       出てくるのも、驚く。

       たぶんここで、我慢できず、寿司を食べた。
       米食べた!とおいしかったかまずかったかの
       記憶はなし。  

18日   朝、マクドナルドへ。
       ここは、マック1号店。
       他にはない店内で、いろんな写真やらが飾ってある。
       2人は美術館に。 

       

 
| | 21:55 | comments(0) |
ニューオリンズ
1990.3.19-25

 






   

             なんでニューオリンズを選んだか。
       当時好きだったシェイディードールズがSEで
       サッチモの曲を使っていたのが印象的で。
       アメリカであってアメリカでないような建物は
       やはり行って良かった。

       行って数年後、市長がカジノを作ると言っている、と
       ニュースで聞き、それはやめてほしいな、と
       思ったり、ハリケーンで大きな被害を受けたり
       気になる事が多かった。
       バーボンストリートは、復活したようだったけど。
       のんびりとした、ニューオリンズ時間のある街。
       エアロスミスの「ラグドール」のPVがまさに
       ニューオリンズじゃないかな。
       大好きだったジョニー・サンダーズが亡くなったのも
       ここ。
       調べてみたら、私達が訪れた1年後くらいだったんだなぁ。  

       Nine-O-Five Royal Hotel

       3人で$75+Tax  1週間泊

19日   着いたのが暗くなってからで、街の雰囲気がわからない。
       スーパーへ買い物に。
       警察官がいたりして、ちょっと物騒?
       サンフランシスコ行きの飛行機を予約。


20日   街をぶらぶら。
       ジャクソン広場ではバンドが演奏している。
       夜はプリザベーションホールに。 $2
       演奏しているのは、みんなおじいさん。
       昔はすごいミュージシャンだったのかもしれないが
       素人の耳にも、ちょっと危なげな演奏。
       テキサスで勉強しているという男の子が
       一人で来ていて話す。
       バーボンストリートをふらふら。
       ライブハウスあり、バーやらお色気の店あり
       歩く人の半分くらいは、酔っ払いな場所。
       大半の店が、ドアが開いていて、中の様子が見えた。
       ある店を覗くと、なんと、カラオケ!
       ニューオリンズにまで進出しているのか、と驚くと同時に
       なんだかがっくり。
       みんなで大合唱しているのが、なんともアメリカっぽかった。 


21日   タワーレコードで買いこむ。
       持ち運ぶのを考えると、買うべきではないが
       レコードを買う。
       当時はまだまだCDはなかったし。
       サン・ハウスやらシブいどころを持ってレジに
       行くと、店員さんに
       「君が聞くの?」と驚かれる。
       店の中で、日本人の男の子に
       「シュガー・ブルーのレコードみませんでしたか?」と
       聞かれる。
       ストーンズとかでハープを吹いてた人の。
       近くのレストランで、ジャンバラヤを食べる。
       ウェイターのお兄さんがよくしゃべる人で
       笑ってしまう。
       支払いの仕方がよくわからず、3人でぶつぶつ。
       ジャンバラヤとガンボがここの名物だが
       味の記憶はなし。
       当時は、グルメにはまったく興味のない年頃だったし。
       半分はハンバーガー生活。




22日   市電に乗って、帰りはバスで、変な方に行ってしまった。  
       ジャクソン広場でバンドを見る。
       トランペットの男の子が、「コンニチハ」と言ってくる。
       夜は生牡蠣を食べる。
       店の女の子がかわいい。




       宿のベランダ。
       キッチン付きだったので、適当に作って食べていた。
       ここで、当時大好きだったボ・ガンボスの「魚ごっこ」を
       聴きながら。
       何で聴いていたんだろう。
       記憶にない・・・。
  

23日   2人は船に乗ると出ていき、1人でタワーレコードへ。
       途中、船に乗れなかった、とタワーで会う。
       昼、四角いドーナツ(ベニエ)を食べるが、まずい。
       ジャクソン広場で、またバンドを見る。
       バンジョーの人(日本人)に声をかけ、写真を
       撮ってもらう。
       この旅、一番好きになってしまったのが、ストライプの服の人。
       ドラムのエミールさん。
       どこがそんなに素敵だったか思い出せないのですが(笑)。
       叩いている姿が、良かったんだろうと。
       写真を撮ってもらえる、と、すかさず後ろに回り込んだ私。
       ちょっとだけ、肩をさわったりして。
       後ろにいるのが、日本人のバンジョーの方。
       でっかい方が、チューバ・ファッツ。
       ニューオリンズでは有名なミュージシャンだとか。
       左前にいる赤い服の女の子がボーカルのリンダで
       2人が夫婦とは、ずいぶん後に知りました。
       そして2人とも、すでに亡くなっているそう・・・。
       リンダのボーカルは、かなりパワフルでした。
       左後ろにいる男の子はトランペットのコで
       彼はいつも声をかけてくれ、毎日の様に見に行くきっかけに。
       英語が話せたら良かったのに、と思う瞬間。
       ベレー帽の彼はトロンボーン。
       ニューオリンズが特別記憶に残ったのは、彼らが
       いたからこそでした。    



      


             ポパイ(店)でチキンを食べ、プリザベーションホールへ。
        今日は、椅子の後ろで立って聴く。
        ポパイに、首から大きな時計をぶら下げたキメキメの
        黒人さんがいた。
        パブリック・エナミーとかの影響か。
        当時は、スパイク・リーとかも流行っていて
        黒人さんの服装もかっこいい。

24日   2人は船に乗りに。 1人でふらふら。
       Tシャツを買う。

       友達は、絵を描いてもらう。



      3人でイラストを描いてもらう。
      バイクに乗っているという、この絵描きさん。
      Eちゃんの名字が、某バイクのメーカーの名前と
      同じで、そんな話から、バイクの話に。
      「俺はハーレーに乗っている。 今度乗せてやるぞ」と。
      ヒゲにタトゥーで、私の好みにドンピシャでした。 




       夜は、パレードがあり、ネックレスや花を投げて
       いるので、それを拾い、カーネーションを持った
       男の人達が、それをくれるので、もらう。
       イタリアンーアメリカンのパレード。
             








       これが、パレードから投げられたコインのようなもの。
       LOVE ME、HUG ME、KISS MEと書かれているが
       カーネーションを持ったタキシードの様な服を来た
       男の人達が(若い人からおじいさんまで)
       通りを歩きながら、見ている女性たちに、花を渡し
       ハグやらほっぺにチューやらしてくる。
       こちらでは、ほんの挨拶だけど、私達には
       かなりのドキドキものでした。


25日   ルイ・アームストロング公園に。
 
       ひっそりとルイさん。
       ここは絶対行こうと思ってた所だったが、危険とも
       書いてあった。




26日   バンジョーの人に、手紙を書くから、と住所を聞く。
       ジャクソン広場に行くと、友達の大学の友達と
       ばったり会う。
       アメリカでばったりって、2度目!
       宿のおばあさんが、帰る時に「また、おいで」と
       ハグして別れる。
       次は、マルディグラかブルースフェスに来るよ、
       と3人で思う。
       サンフランシスコへ。
| | 21:29 | comments(0) |
サンフランシスコ
1990.3.26-30

 

      Olympic HOTEL   1泊$14×4日  $56

27日  ケーブルカーに乗って、フィッシャーマンズワーフへ。
      船に乗った後、買い物をする。



















       アルカトラズ島。

28日   Mちゃんは大のレッド・ウォーりアーズファン(シャケ)
       なので、1人朝早く起き、ルシアン・ヒルに出かける。
       ぶらぶら買い物。  本をたくさん買う。
       Tad'sでステーキを食べる。
       何十人も並んでいる人達に店員が
       焼き具合を聞いていく。
       ミディアム、ミディアム、レア・・・と次々言っていき
       思った通り、言ったようには焼かれていない・・・。
       さすがアメリカ。


29日   朝6時半頃、2人はヨセミテのツアーへ。
       朝食は隣のデリのサンドイッチ。
       銀行でトラベラーズチェックを替えて
       昨日行った「ローハイド」へ。
       たぶん、1人で。
       日本人の経営の皮もののショップ。
       皮ジャンを買う。 
       昼と夜はマックで。


30日   日本に向かう。
       まだまだ日本に帰りたくない気分。
       成田に着いて、カバンを開けると
       買ったはずの皮ジャンがない!!!
       がっくし。
       ホテルで盗られたか、空港か・・・。
| | 21:00 | comments(0) |


このページの先頭へ