FXスワップポイント

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NEW ENTRIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
スパ
スパ (JUGEMレビュー »)
インストゥルメンタル
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
フォトティッカー
uniqlo
SEARCH
OTHERS
日々の穴
日々 行き当たりばったり
穴に落っこちて もがいたり
空を見上げて 笑ったり
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
リハビリ
 


この間、とても久しぶりにライブに行ってきた。
たまたま新聞のテレビ欄の下の方にあった、ライブ告知が
目に入る。
普段新聞は、テレビ欄も含め、まったく見ない生活。
テレビに番組表があるから、見ることもなくなり。
その日はたまたま目に入った。

奥田民生、山崎まさよし、斉藤和義、秦基博、星野源が一緒に出るイベント。
ここ数年、ライブ=面倒=疲れる=行かないという公式で
音楽に対しても、あまり聞かない生活。
でもその時はちょっと反応し、この人たちがいっぺんに見られるなら
いいかも、と。
電話予約ということで、昔を懐かしみ、意地になってかける。
昔よく電話予約でかからず、取れなかったこともしばしば。
でもあの作業がけっこう好き。
そしたら、思ったより早くつながった。
その頃は、行く気まんまんだったが、1か月経ち当日、やっぱり
面倒だな、だるいなぁ、と行く気ダウン。
重い腰を上げ、行ってきた。

会場14時、開演15時という早い時間。
隣接の駐車場が満車になるとまずいので、13時には駐車場にいれ
車内で待機。
ホールの中は涼しく、ちょっと寒いくらい。

トップバッターは民生。
事前にタイムテーブルで順番はわかっていたので良かった。
客電が落ち、あー久しぶりな感じだな、と思っていると
民生登場。
なんか、ドキドキしない。
キャーって感じもない。
ライブは実に8年ぶり。
と、イージュー・ライダー、恋のかけらが終わり、周りもすわっているし
座って見ていたけど、マシマロが始まり、これは座っていては
自分も楽しめない、と立ち上がる。
席は3階だったけど、まぁステージ寄りで、アリーナの後ろよりは
見えたかも。
1曲歌詞を間違えたり、カープ(広島出身なのでカープファン)が
クライマックスシリーズでドームに来たらよろしく、とか言ってた。
3位でも十分うれしい、とか。
あー、来て良かったかも、とじんわり思う。

2番目は山崎まさよし。
この人のライブは10年前に行ったが、曲というより、顔が見たいという
不純な感じで。
やはり10年で年を重ねたなぁ、という顔だったけど。
今回のイベントのTシャツが、バックにみんなの名前がプリント
してあるらしいが、自分の名前が間違ってプリントされているとか。

3番目は秦基博。
この人は、某番組でアイコのカブトムシを歌っているのを聞いて
すっかり魅了され、ナマで聞いてみたいな、と思いつつ。
アコギ1本で現れ、やはりの歌声。
歌の上手さ以上の、心鷲掴みな感じの歌声。
知ってる曲はほとんどないけど、それが良かった感じで
しっかり聞きながら。
「恋の奴隷」という曲が、彼のイメージをくつがえし、帰りの車で
i tunesから購入し、帰りの車で繰り返し聞いた。
ナマで聞けて良かった。
ライブに行って良かった、と思えた。
MCはなかなか面白く、事務所の先輩の後なので、やりにくいわぁ〜とか
手を振りかえすのにも、服がきつくて、手が上がらない、とか。
あの小熊か子犬のような顔からあの声、いやおばちゃんは魅了されました。

4番目は斉藤和義。
この人も一度見てみたいと思っていた。
有名な曲をやってくれたので、ずっと好きだった、歩いて帰ろう、やさしくなりたい
など。
あのドラマはまったく見ていなかったので、やさしくなりたい、も
あまり聞いたことはなかったけど、その曲だけ立ち上がってる人もいて
テレビの影響はすごいな、と思った。
華奢な体ながら、すごい汗をかいていて、着ていた服は民生にもらった
ツアーグッズの様で、まったく汗吸わないから、買わない方がいいっすよ、とか
今一緒にやってる、中村達也氏が名古屋出身なので、微妙に名古屋弁が
うつるとか。
メンバー紹介では、ギターの人が、元まいりとるらばーの人らしく
あの人とあの人(普通に名前で言ってたけど)があんなことになっちゃったから
今は極悪非道な某バンドに入ってしまった、とか、しゃべってた。
何かの番組で、ライブが楽しみで、早くステージに出たくて仕方ない、と
言っていたけど、当たり前だろうけど、毎回あんな全力なんだなぁ、と
ちょっと感動。

5番目は星野源。
正直、名前さえ聞いたこともなく。
MTVか何かで1曲だけPVを見た。
ライブで知ったのは、あおいゆうのCMの日焼け止めの曲が彼だった。
聞いたことあるなぁ。
もしや、この人が終わったら、5人でやるのかな、と期待していたが
それはないらしく、申し訳ないがアンコールで帰ってきた。
車を出すのが混むときびしいから。

客層とか、昔行ってたライブとは違い、お客さんも大人しいし
私の嫌いな手拍子やらリズムに合わせて手を振るアレとかあるし
そういうのは居心地が悪いけど、椅子もあるし、のんびり聞けた。
もうライブハウスは、椅子はないし、空気は薄いし、無理だ(笑)。
民生、秦、斉藤はもう一回ライブ行きたいなぁ。
ホールのライブは、また行きたいなぁ。
でも、あまり後ろでは気分が盛り上がらないし、ファンクラブに
入るほどではないし。
でも、日常にない感情が表れていく価値あるなぁ。
| ミュージック | 09:57 | comments(0) |
雀百まで踊り忘れず



仕事から帰り、ジョニー・ウインターのライブを見る。
思ってた以上に、じいさんになっていた。
何歳だっけ、と調べたら、67歳?
それにしてはよぼよぼすぎる。
ずいぶん体調を崩してしまったようで。
イスに座ってはいるものの、手の動きと歌は健在。
私の10代後半から20代前半のアイドルですから、彼は。
ちょうど私達がアメリカに行く日程の間に、来日すると聞き
なぜだ!と悔しかったが、結局、来ることはなかった。
初来日かぁ。
長かったねぇ。
このライブに行けた人達が、うらやましい。
アンコールでは、ファイヤーバードでDust My Bloomを。
いいもの見せてもらいました。
ありがとうwowow。
私の中の細胞がひとつ、プチッと活性化しました(笑)。
| ミュージック | 23:30 | comments(0) |
やられたぁ
| ミュージック | 10:23 | comments(0) |
書くべし 残すべし



21年前の今日の日記を見たら、なごや城でやったスライダーズ
のライブの日だった。
あの頃は、あんな場所でライブをやってたんだから
やっぱりバンドブームだったのかなぁ。
ちょっと前、買った本に影響され、日記ではなくメモ、をし始めたが
だんだん内容の薄いものになってきた(笑)。
最初の頃は、テレビで見た興味深い言葉とか、いちいち書いて
いたが、最近は、買い物したものすら、忘れてたりして
書いてない。
20歳前後の日記は、細かいことや今の気持ちがいろいろ
書いてある。
読んでも面白い。
もう、ああいうものは書けないんだろうか。
そんなハッピーになったり、忘れたくないこともないし。
微妙な気持ちになることもないしねぇ、残念ながら。
何年か後に読み返して、恥ずかしくなるようなことも
残念ながら、書けない。

ずっと前に好きだったバンドマンが、変わり果てた風貌に
なってたりしたのが、若干ショックだった。
20年って、やっぱりすごい年月。
でも、歌を作り続けて、ギターを鳴らし続けているのは
すごいこと。
それほど陽の当たらない場所でも、やり続けていられるのは
やっぱり好きだからなんでしょうか。
今ならライブが見たいのに。
数か月後の私の気持ちは、きっと変わっているけど。

こんな時間にセミがないてるんですけど・・・、PM11。
これは日記に書いておかなくては。
| ミュージック | 22:30 | comments(0) |
サンキュー ロックンロール


朝、パソコンをつけておどろいた。
きよしろうが亡くなった。

ジャニスの映像を見ながら、何十年経っても
この人の声は古くならないなぁ。
でも、新しい曲も聞きたかったなぁ。
そう思いながら見ていた。
新しい曲が聞けない、それがとっても残念。

RC(ソロも含め)の曲で何が一番好きだろう。
やっぱり「いいことばかりはありゃしない」かな。
泉谷さんが、早すぎるじゃねぇか、ばか野郎って
言ってるんじゃないか。
ロックンロールをありがとう。 
| ミュージック | 07:46 | comments(0) |
タイムスリップ


いよいよ梅雨っぽい蒸し暑さが・・・。
昨夜は久しぶりに暑いなぁ、とおでこを
ぬぐいながら寝た。

そして行ってきちゃいました。
ライブハウスに行く、ということが、とっても
面倒になって数年。
ライブは見たいが、行くのがおっくう。
どこでもドアがあって、すぐそこが店なら・・・と。
ここ数日は、めずらしくそういう気分ではなく
むしろ楽しみになっていた。
このバンドが一年に一度しか見られないと思うと
なおさらかも。

その前に、ハードロックカフェに。
ここは初めて行く。
なかなか行く機会もなくて。
神戸?で一回行って、あまり良かった印象もなかったし。
今回ここに行ったのは、ついでもあるが
バーガー無料券が当ったから。
店員の女の子「当ったんですか?おめでとうございまーす」
明るいなぁ(笑)。



けっこう大きめだから、半分こ。
肉!って味でまぁおいしい。



そしてナチョス。
メキシカンな味で、和食ばっかり食べてると
こういう味もいいなぁ。



行った時間が中途半端な時間で、店内も空いていて
ライブハウスのに行くのが面倒なほど、まったりできた。
店内のTVでは、懐かしいものも流れていたり。
以前通いつめたバー&ライブハウスになんとなく
似てたりして、話もつい昔話ばかり。

いよいよメインイベント。
ライブハウスに入るの自体が、ものすごく久しぶりで
こんな匂いだったな、と思い出す。
タバコを吸わない身には、あの煙もくもくなのも
イヤではあるが、昔は、もっとすごかった。
店も小さい所が多かったし、喫煙率が高かったし。
1つめのバンドは、こちらも10数年前に見たことは
あるバンド。
メンバーがそのままなのか変わっているのかも
わからないんだけど。
2,3番目は初めて見るけど、意外と退屈かも。
昔も、見たくないバンドの時は、寝ちゃうくらい
退屈だったが、それは今も変わらないみたい。
ラストがお目当てのバンド。
どきどき。
どんなどきどきかといえば、どんな変貌を遂げて
いるのだろうか、と。
もっとも悪い方に考えておいたのだが、これが
びっくりするほど変わってなかった!
ハゲてもいなかったし、デブにもなっていなかった(笑)。
曲が始まって、15年ほど昔にタイムスリップしたかの
ような、前回見たのが、せいぜい2,3年くらい前だったかの
ような感じ。
そして、この曲が聞けたら泣けるかも、と言ってた
曲が聞けて、思わず目頭があつくなる(笑)。
アンコールでは、忘れていたバラードが。
当時は、10代後半〜20代前半で、目をハートにして
見に行ってたわけだから、聞きながら切なくなってたなぁ、と
思い出す。
友達は「興奮した!」と言っていたが(笑)
私はなかなか味わえないあたたかい気持ちになった。
私の中で音楽は、更生させてくれたものであり
一番長く夢中になれたもの。
ここ数年は、まったく聞かなかったけど、それでも
きっかけがあれば、戻れる場所の様な。
久々の最終バスを待ちながら、友達にいれてもらった
YO−KINGの「心の穴につぎはぎを」が
妙にしみた。
なんといっても、3時間半立ってただけなのに
この腰の痛さ・・・情けない。

| ミュージック | 11:49 | comments(2) |


このページの先頭へ